ゴルフ松庵

メンバーライフを満喫しシングルプレーヤーを目指す!ブログ

EC2のEBSボリュームサイズを拡張する。

   

EC2のストレージのボリューム使用率が50%くらいになっていたので、ログファイルやバックアップファイル、tarで固めた残骸ファイルなど確実に不要なファイルを削除。

45%まで下がりました、大丈夫だとは思うけどこの機会に増設しておこうと。

EC2インスタンスを作成する際にストレージの作成があり、とりあえずデフォルトの8Gあればいいかと思いEC2インスタンスを作成してました。

今回はデフォルトで作成した8Gを16Gに増設したいと思います。

やり方はネットにあったのですが、一通り完了するまでには複数ページを参照する必要があったので手順をこのページにまとめました。

スポンサーリンク

AWSマネージメントコンソールにてEBSボリューム拡張

EC2ダッシュボードより、ボリューム→増設するボリュームを選択→アクション→ボリュームの変更と進みます。

EC2ダッシュボード最初

 

ボリュームの変更ダイアログが表示されるので、サイズを16にして変更ボタンを押します。

ボリュームの変更

 

状態(赤下線の部分)が100%になるまで待ちます。

EC2ダッシュボード変更後

 

続いてSSHログインしてコマンド操作します

df -hコマンドで確認、まだ8G(7.8G)のままです。

lsblkでブロックデバイスの一覧を表示します、TYPE「disk」の「xvda」のSIZEが16Gになってます。(AWSコンソールで拡張する前のlsblkのエビデンス取ればよかったな…)

パーティション(xvda1)のサイズが8Gのままなので16Gに拡張します。
growpartを使用してパーティションを拡張します。
growpart発行後にlsblkで確認、サイズ16Gになってます。

ここでdf -hで確認、こっちのサイズは8G(7.8G)のままです、

最後にresize2fsでファイルシステムを指定して拡張します。
df -hで確認、16Gになりました。

完了!

 - システム開発